医療保険はいらない?不要な理由とやるべき事

お金

こんにちわ、後藤家です。

今日は保険の話をしていこうと思います。

日本人の大好きな保険。大人になったら入るのが当たり前そう思っていました。

私の父も保険大好きでたくさんの保険に入っていましたし、実は私も1年前までは月1万円のつみたて型保険と月3千円のガン保険に入ってました(笑)

とりあえず親に言われるまま入ってます。保険があると安心♪

でも、最近色んな所で保険はいらないって話を聞くんだ。
保険はなくても大丈夫なのかな?

それでは保険は本当に不要なのか?一緒に学んでいきましょう!

こんな方にオススメ

・毎月高額な保険を払っている方

・保険屋さんに言われるがまま保険に入っている方

・家計を楽にしたい方


 



結論

保険は不要!!国民健康保険(社会保険)で十分です!

実は、ほとんどの方は国民健康保険もしくは社会保険という国が運営している最高の保険にもうすでに加入しているんです。

その内容をしっかり学び、無駄な保険を解約して家計を楽にしていきましょう。

もし何百万も医療費が掛かったら?もし長期入院したら?ケガして働けなくなったら? そんな時のこと考えると絶対保険に入ってた方がいいと思うんだけど。。。

いくら医療費がかかるか?もしもの時どうすればいいのか?わからないから不安なんだよ。わからないから保険に入るんじゃなくて、理解してから必要かどうか考えよう!

それでは、さっそく国の手厚い保険制度を学んでいきましょう。


高額療養費制度

高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、ひと月(月の初め
から終わりまで)で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.htmlから引用

スミマセン。。ヨクワカリマセン・・・。(笑)

簡単に言うと、病院にかかった時のひと月のお金が高すぎる際に支払いの上限を設けてくれる制度。
私の場合は大体8~10万くらい。100万円医療費がかかっても自己負担額は87430円なんです。

私は「エ」に適用されるからどんなに医療費がかかっても57600円って事ね。
知らなかった。。。

さらに世帯合算や多数回該当などで負担を抑えることもできます。

世帯合算は言葉の通り、世帯のひと月の医療費を合算できることです。

多数回該当は長期の療養の場合はさらに自己負担額が減る制度です。

詳しく知りたい方は厚生労働省HPへ↓

高額療養費制度を利用される皆さまへ
高額療養費制度を利用される皆さまへについて紹介しています。

申請する際はそれぞれの保険組合などに確認して支給申請書を記入して提出するだけです。

高額になる際は病院の領収書はとっておきましょう。

でも、先進医療は対象外なんでしょ?
やっぱり保険に入っていたほうが・・・。

先進医療=治るとか、高い分優れている治療法って思われてるけど、違うんです。
そんなにすごい治療なら保険適用しているはずだしね。

先進医療で何百万の治療を受ける方はかなり稀です。

その為に保険に入るより、そうならない為に運動をして体にいい食事をとって心身共に健康的な生活を心掛けましょう。


休業補償給付&傷病手当金

業務や通勤時が原因でケガや病気で働けなくなった場合は休業補償給付で月給の約8割、業務外の場合は傷病手当金で月給の約6割程度、補助金が支給されます。

労災保険や健康保険によってはこんな制度もあるので不安な方は適用されるのか確認しておきましょう。

働けなくなっても収入が0になるわけじゃないのね。少し安心しました。

休業補償給付↓

休業(補償)等給付 傷病(補償)等年金の請求手続|厚生労働省
休業(補償)等給付 傷病(補償)等年金の請求手続について紹介しています。

 傷病手当金↓

病気やケガで会社を休んだとき | こんな時に健保 | 全国健康保険協会

障害年金

でも、ケガや病気で障害が残って仕事に復帰できなくなったらどうするの?

その場合は障害年金だね。障害の重さや加入している年金の種類によって金額はそれぞれだけど、しっかり国がサポートしてくれるよ。

障害年金↓

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/jukyu-yoken/20150401-01.html

 



まとめ

いかがでしたか?

色んな制度や医療費の大体の金額がわかると少しだけ不安がなくなったんではないでしょうか?

民間の保険は詳しく見ると入院しないと保険金が出なかったり、細かい条件があって意外と意味がなかったりします。

掛け捨てもつみたても医療保険は必要ありません。保険料が戻ってくるとかいい話の様に聞こえますが、内容を見てください。使った分は減りますってただの貯金ですよね(笑)手数料はしっかり取られてますしね。

こういったことを知った上で、もう一度保険について考えてみてください。

保険屋さんは不安を煽って親切にオススメしてきますが、それは保険が儲けるからです。かんぽ生命とかひどかったですよね。。。

保険屋さんに相談するのではなくしっかり自分で調べて判断することが大切です。

もしもの為に保険に入るのではなく、もしもの為に貯金をしましょう。
お金の不安があるから保険を検討してるのに、保険料を払って全然貯金できないじゃ意味がないです。

入院1日5000円とかあるけど、貯金しておけばいいもんね。
何日入院すれば元がとれるんだ!?よく考えるとコスパ悪いんだね(笑)

保険に関しては色々な意見があると思います。

もちろん保険で得する人もいますし、安心したいから入るって方もいていいと思います。

今回お伝えしたいのは、しっかり制度をした上でなんで保険に入っているのかをもう一度考えてほしいです。

ただただ不安だからとか、みんなが入っているからという方にはなってほしくないですね。

今一度お金や人生について考えてみてください。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました