3万円もお得に!?自動車保険の家計に優しい選び方とおすすめプラン。確認する3つのポイント!!

お金

こんにちわ後藤家です。

家計を助けるために自動車保険見直してみない?

たくさんありすぎて何を選んでいいかわからない。
安いほうがいいけど、事故の際にはちゃんと対応してほしい。
プランは?車両保険は?オプションは何をつければいいの?

確認する事は3つだけ!一緒に見直していきましょう。

それでは後藤家流の家計にやさしい選び方解説していきます。


結論

自動車保険の選び方、プランの選び方は次の3つです。

1.ネット保険で相見積もり(面倒な方は私と一緒のソニー損保)

2.車両保険はいらない

3.対人・対物は無制限

おまけ.家族に一人は弁護士特約


 



解説

1.ネットで相見積り

タイトルにある3万円お得に!?ってこれ後藤家の話なんです。。。

お得になったというか、逆に今まで3万円も損してたんです(笑)

妻は知人の紹介で自動車保険に入ってました。

今、自動車保険はいくら払ってるの?ちなみに私は年間43000円です。

私は月々6000円払ってるよ。年間計算すると7万円くらい。

軽なのにまじか。。。。今ネットで、車両保険抜いてその他ほぼ同じ条件で見積もりしたら3万ちょっとだったよ。。。

本当にあった怖い話です。(笑)

みなさんも自動車保険証を持ってパソコンの前に行って今すぐ見直ししましょう!

ソニー損保やSBI損保、チューリッヒなどが有名どころですね。

事故の際も電話で親切に対応してくれます。


2.車両保険はいらない

これも私の体験談ですが、私も以前は車両保険に入っていました。

高速を走っている際に、飛び石でフロントガラスに日々が入りました。運転に支障が出るので車検に通らないと言われヒビも大きいのでフロントガラスの交換に10万円以上かかると言われました。

こんな時のために車両保険だ!と思い保険会社に電話。

「対応できますが等級が下がります。どうしますか?」とのこと。計算してみると。。。。

いやいやトータルすると10万円の修理代以上の保険料が掛かるやん!!
車両保険意味なし!

最初に修理代出してくれても、後でどうせ回収しますよってことね(笑)

ちなみに新しい車の全損事故なんかの大きい額なら元は取れそう。と思いますが・・・

車の価値は年々落ちていき、新しい人気の車でもどんどん価値は下がります。

査定額も安く見積もられることが多いみたいです。

会社の先輩のランクルも災害で全損になって、600万くらいで買ったのに150万くらいしか出なかったって言ってたな。

えっ。車両保険意味ないじゃん。。意外とみんな入ってるよね。

もうわかりましたよね?車両保険はほんとに不要です。その分のお金はもしもの時の為にしっかり貯金しておきましょう。


3.対人・対物は無制限

これについては私から多くを語ることはないです。

もし大きな事故や相手を死亡させてしまった場合、損害額は計り知れません。

何千万、何億円という支払いになります。

必ず対人・対物は無制限で加入してください。

自賠責だけでまかなえることはありません。


おまけ.家族で一人は弁護士特約

弁護士特約っていつ使うの?弁護士特約なくても保険会社が対応してくれるんじゃないの?

もらい事故の場合は保険会社が介入できなかったり、相手が保険に入ってない時は

先日、会社の後輩が玉突き事故にあって、相手の車は保険に入ってなかったらしいけど奥さんが弁護士特約に加入してて、弁護士にお任せしてスムーズに話が進んだらしい。

弁護士特約は家族も対象ですので、家族の誰か一人が入っていれば大丈夫です。

後藤家は私が加入しているので、妻は不要です。2重で払うことがない様に注意しましょう。

ぜひ弁護士特約も検討してみてください。


まとめ

いかがでしたか?後藤家の家計を楽にしようシリーズ。

ネットの自動車保険じゃない方や車両保険に入っている方は是非この機会に見直してみてください。

ネットで見積もりして対人・対物を無制限にして、車両保険はなしにして、その他のオプションは弁護士特約を付ける。以上

早ければ10分で終わります。

必要なものと不要なものを見極めて、人生を楽に楽しくしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました