ふるさと納税で妻を笑顔に♪コスパ最強! 家計を助けるおすすめ返礼品3選2020年版

お金

こんにちわ。後藤家です。

ふるさと納税の納税方法については前回ブログ記事にしたので、今回は返礼品について書いていきます。

まだふるさと納税のやり方がわからないという方はこちらから↓

私は数あるふるさと納税サイトの中でも、「楽天ふるさと納税」をおすすめしているので今回は楽天の場合でお話させて頂きます。

と言いつつも、他のサイトでも内容はあまり変わらないと思います。


結論

まず結論から言いますと、後藤家の考える「家計を助ける返礼品3選」は

1.お米

2.お肉

3.トイレットペーパー

です!!

数ある返礼品の中からこちらを選んだのですが、理由は一つ。コスパです。

それでは一つずつ理由を解説していきます。


解説

1.お米

こちらはふるさと納税をやっている方は大体の方が頼んでいるのではないでしょうか。

お米は日本人なら毎日食べるものですし、冷蔵庫も圧迫しないし日持ちもいいです。

10キロや20キロの重いお米を配達してくれるのは、女性にはありがたいですね。

後藤家は去年20キロ16000円と5キロ5000円を納税して頂きました。

どちらもおいしかったです。

いつも10キロ4000円弱で購入しているので、その分の食費を浮かせることができます。


2.お肉

2つ目はお肉です。

お肉と言っても鶏肉、牛肉、豚肉、そしてウインナーやハンバーグなどの加工品と、たくさんの返礼品があります。

その中でも私がおすすめするのは豚肉です。

豚肉を選んだ理由もコスパがいいからです。

牛の切り落としだと10000円で1キロ程度ですが、豚だと15000円で4キロのものがあります。

豚肉は肉じゃが、カレー、野菜炒めなど色々な料理に使えるので便利。

私は去年10000円で豚の小間切れ3キロと豚ミンチ2キロを購入しました。

10000円で5キロってコスパ最強じゃんと思い納税しました。

ただ豚ミンチは脂がすごくて料理に苦戦したので、おすすめはしないです(笑)


3.トイレットペーパー

3つ目はトイレットペーパーです。

日常で必ず使うものなので3位に入れさせてもらいました。

家計を助けるという意味では無駄にならないのでありだと思います。

ただ、トイレットペーパーに関しては後藤家は去年頼んでないです。

理由としてはそんなに置いておく場所がないのです。(笑)

12ロール入りが8パック、るまり96ロールが10000円であるのですが、結構場所をとるんです。。

ただお米と一緒で、それだけの大きさのものを自宅まで届けてくれるのはありがたいです。


 



まとめ

いかがでしたか?

今回はコスパ重視で選ばせて頂きましたが、返礼品の選び方はそれぞれです。

せっかくだからいつも食べない高級な食材を頼んでみるのもいいですし、スイーツもあればお酒もあります。

はたまた、宿泊券やキャンプ用品などもあります。

一番大切なのは自分や家族が何に幸せを感じるかです。

後藤家はお得にお米やお肉が食べれて、食費を節約できることに幸せを感じました。

少しでも貯金したいんです(笑)

是非ふるさと納税をして小さな幸せを感じてください♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました