とりあえずやってみる! 〜行動を起こす方法5選〜

その他

会社をやめて企業するぞ!

今年こそは資格を取るぞ!

夏までに5キロ痩せるぞ!

やる気はあるけど、なかなか実行できてないことって多いですよね。

今回はそんなあなたでも行動できる方法5選を書いていきます。

少しでも皆さんの行動を起こすお手伝いができればと思います。

こんな人に見て欲しい

1.失敗するのが嫌な人

2.なかなか行動に移せない人

3,三日坊主で終わってしまう人


失敗ってかっこ悪い?

何かを始める時、誰しも失敗したくないですよね。

その為にたくさん勉強して、下調べして、必要なものを買って、かなりの時間とお金を費やします。

それでも不安でもっと知識をつけてからにしようとか、勉強していくうちに難しそうだから自分には向いていないって諦めてしまう。

なんだかんだ、やってみたいな〜で終わってしまう。

これがいつもの私です。笑

ただこのマインドを知ってから少し考え方が変わりました。
以下、私が影響を受けた言葉です。

アルベルト・アインシュタイン『挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。』

セオドア・ルーズベルト『ミスをしない人間は、何もしない人間だけだ。』

アメリカの第26代大統領

失敗したくないなら、何も挑戦しなければいい。

逆に言えば、失敗するということは、何かに挑戦しているということ。

いくら勉強しても、いざやってみて失敗しないとわからないこともあります。
というか、やってみないとわからないことだらけですよね。

考えすぎずに、やってみることも大切だね。

もう一つ好きな言葉があります。

ホスト界の帝王・ROLAND『俺には負けという概念がないんだ。 今は勝ちの途中ってだけさ。』

失敗して惨めな気持ちになった時にはこの言葉を思い出してポジティブに考えます。

「失敗じゃなくて、成功の途中なんだ!」って。

「今諦めたら何も残らないぞ!」と自分に言い聞かせます。

エジソンもアインシュタインもイチローも本田圭佑も、成功者はみんな失敗してるんです。

失敗ってかっこわるいことじゃなくて、すごくかっこいいことなんだと思うようになりました。

うまく出来なくてもいいんです。

失敗してもいいんです。

何かに挑戦していることに価値があるんです。

失敗しているあなたはかっこいい。

一度の人生です。

後悔しないように行動しましょう!


最初から100点じゃなくていい。

日本人はやたら完璧を求めすぎだそうです。

完璧を求めすぎて、失敗しないことが目的になってませんか?

失敗しないことが目的ではなくて、出来るようになることが目的です。

一発で100点取る事と、何度も失敗しながら100点取るのってどっちが難しいと思いますか?

絶対に一発で100点取る方が難しいですよね。

でも、何度も失敗しながら100点を取る方が早いし、効率いいし、経験値が全然違うんですよね。

ここでも名言を一つ

松本人志:100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ。

完璧を求めると時間がいくらあっても足りませんし、頑張った割に評価はそんなに高くないこともあります。

失敗した方が失敗したことは忘れないし、ここが間違えやすいって人に教えることもできますよね。

とりあえずやってみて、失敗しながらとった100点の方が100点以上の価値があるんです。

こう考えてみると、今までなんで最初から100点取ろうとしてたんだろうと思いますね。

完璧主義すぎると最初からできないことに悩んで行動することをやめてしまいます。

100点じゃなくていいからとりあえずやってみましょう。

60点でも40点でもいいんです。

やってみて自分に向いてないって気づけたなら、それでいいんです。

でも、またやりたくなったらやればいいんです。

前回の反省点を改善すればもっと良くなります。

最初からなにもやってない人は今も0点のままです。

とりあえず、一歩踏み出してみましょう。


小さくはじめる

とは言ってもなかなか続けられない。

そんな人は出来る限り小さくはじめることを心がけましょう。

例えば…

筋トレをしたい人は・・・1日1回腹筋をする

勉強したい人は・・・1日1問だけ解く

ダイエットしたい人は・・・着替えて外に出るだけでOK

こんな小さな目標じゃ何も変わらないと思いますよね。

でも、習慣化出来ないと、それこそ本当に何も変わらないんです。

ここでも完璧主義にならずに目標を落としましょうね。

もしこの小さな目標を3ヶ月続けることが出来たら、その時はもう一つだけレベルアップした目標を作りましょう。

人が習慣化できる様になるのは3〜6ヶ月かかります。

必ず3〜6ヶ月は大きな目標を持たないようにしましょう。

少しでも目標を高く持つと何かと理由をつけて辞めてしまいます。

例えば…

・今日はお酒飲んだから筋トレはいいや。

・今日は残業して時間ないから勉強はいいや。

・今日はあんまり食べてないからランニングはいいや。

都合のいい方に逃げてしまうのが人間です。

小さく始めていれば、お酒飲んできつい日も腹筋1回くらい出来ますよね。

時間がなくても1問くらいだったら数分で終わりますよね。

着替えて外に出てしまえば、少し歩こうかなってなりますよね。

小さく始めることが、習慣になり、習慣が人を作ります。

おすすめ書籍

こういった名言もあります。
ジョン・ドライデン(詩人):はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。

習慣さえ頑張って作ってしまえば、あとは習慣が人を成長させてくれます。

イチローもこう言ってます。

『小さなことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だ。』

皆さんも小さく積み上げることを意識してみてください。


意志よりも仕組み

やりたいとは思っててもゲームをしてしまったり、テレビを見て気づいたら寝る時間。

こんなことありますよね。

人間の意思はそれほど強くありません。

だから、意志に頼るんじゃなくて仕組みを作りましょう。

例えば…

・ゲームをしてしまう人は思い切ってゲーム機を押し入れにしまってしまう。

・スマホゲームはアンインストールする

・テレビを見てしまう人はリモコンの電池を抜く

・早起きして何も誘惑のない時間を作る

・集中する為にカフェで勉強する

やりたいことはあるのに怠けてしまう。

とにかく時間がない。

そんな人にはやらないことリストもオススメです。

自分に本当に必要なこと、やるべきことが明確になり行動できるようになります。


他人の目を気にしない

やらない理由の1つに他人にどう思われるか気になるという人がいます。

例えば…

・みんなは出来るのに私だけダメだったら恥ずかしい。

・いざ、やってみて失敗したらどう思われるんだろう?

・あの人は10代の時にこれが出来てた。

他人と比べてしまうのが人間です。

ただ、比べることにあまりメリットはありません。

自分の一度きりの人生です。

自分の好きなように行動してみましょう!


まとめ

  • 1.失敗してもいいからやる!
  • 2.100点取らなくていい!
  • 3.小さくはじめる
  • 4.意志より仕組み
  • 5.他人の目は気にしない

やってみると世界は変わるかも!

皆さんも何か始めてみませんか?

この記事を読んで少しでもやる気を出してくれたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました